MEGURIYA information

【MEGURIYAに関して】

ごあいさつ加藤万晴加藤由希子

連絡先、地図、アクセス

@meguriya.organic

@meguriya.organic

@whg3666r

 

【2019年4月〜10月講座】

2019年4月〜10月のスケジュール

 

マクロビオティッククッキングスクール・リマ 東三河校
初級クラス
中級クラス
上級クラス

お料理はじめてさんクラス


ベジスイーツクラス

 ベーシッククラス

 季節のスイーツクラス全日満席

 

暮らしの教室

 お母さんのための暮らしの教室

 

暮らしのパーソナルセッション〜メタトロン測定〜

心を整える花療法〜バッチフラワーレメディ〜

初めてのバッチフラワーレメディ〜入門講座〜←NEW

 

【イベント】

10月〜12月 第3日曜日&月曜日 MEGURIYAオープンデイ←NEW

12/6〜8 榎本合歓器展&MEGURIYA cafe←NEW

 

MEGURIYA cafeは2014年3月末で閉店いたしました

2019.09.23 Monday  
お知らせ | - | -  

MEGURIYAオープンデイ

MEGURIYAでは10月から12月まで…

由希子は各種教室のお休みをいただく予定です🙇

(来年1月からの再開を予定しています)


万晴はパーソナルセッションバッチフラワーレメディを始めいくつか講座(季節のスイーツクラス初めてのバッチフラワーレメディお母さんのための暮らしの教室)も行いますので、そんなには休みません😆

 

皆さんに来ていただける機会が減りますので…

月に一回、MEGURIYAのオープンデイを設けました


どなたでもいらしていただけますので、ぜひ遊びにいらして下さい〜
お待ちしております👋

 

+++

 

日時:10月〜12月 第3日曜日&月曜日
 10/20(日) 11:00〜14:00

 10/21(月) 11:00〜14:00
 11/17(日) 11:00〜14:00

 11/18(月) 11:00〜14:00
 12/15(日) 11:00〜23:00 忘年会🍻
 12/16(月) 11:00〜14:00

 

※12/15は毎年恒例の忘年会を開催します🎉

 夜もやってますので、ぜひぜひご参加下さい〜

 

参加費:無料

 

作れる方は、お料理やスイーツを作ってきていただければ嬉しいです
焼き芋、蒸しかぼちゃ、果汁ジュースや、手ぶらでも構いません
もちろん手間ひまかけたお料理も大歓迎です
気負わずお越し下さい

 

連絡先:ご参加の場合はご一報いただけると助かります(当日参加OK)
電話:0531-45-3069
メール:kbansei@kha.biglobe.ne.jp

2019.09.23 Monday  
イベント | comments(0) | -  

お母さんのための暮らしの教室

【お母さんのための暮らしの教室】

暮らしの教室」という講座を行っておりますが…

こちらの講座、時間が3時間半とかなり密度の濃い内容になってます

お子様も基本的には預けて、大人だけのご参加をお願いしており…

小さなお子さんがいるお母さんにとって、ご参加が難しい講座になっていました

 

昨年から「ワクチンのお話会」を本格的に開始し、

たくさんのお母さんにお会いするなかで、

「お母さん向けの集まりを開催したい」と思うようになりました

 

実際、去年の秋頃から「お母さんの集い的なものを始めます」と約束していたのです…

始めようと思っているうちに、すっかり遅くなってしまったのですが…

5月より始めたいと思います

 

こちらの講座はお子様連れでも気楽にご参加いただけます

 

また、時間も3時間半から2時間に短縮

講義1時間30分、茶話会30分となります

料金も食事ナシなので1500円と、お値打ちです〜

 

「お母さんのための」という講座は初めてですので、

はじめは不慣れなことも多々あるかもですが…

参加して下さった方々の質問や感想、要望を聞きつつ

有益な会に育っていければ、と願っております

 

関心のある方はぜひご参加下さい

 

※「お母さんのための」とありますが、お母さんでなくとももちろん大丈夫です

ただ、お子さんがいることを第一に考慮して講座を組む予定ですので、その点はご了承下さい

深く講座を体験したい方は、通常の「暮らしの教室」の方がおすすめです

 

+++

 

【暮らしの教室】

現代はあまりにも情報が多すぎて、

何を選択したら良いのかわからなくなっています。

知れば知るほど不安になったり、混乱することも…

 

このクラスでは暮らしの中の身近なテーマを扱いながら、

これからの時代を自分らしく生きる知恵をお伝えしています。

 

知っているようで不確かなこととあらためて向き合うことで、

不安や恐れから卒業し、

自信を持って力強く暮らすことができるようになります。

 

講座+お茶会。

授業後はお茶を囲んで、楽しく交流会します。

 

+++

 

日程:2019年5月より月1回
・5/9 心身を健やかにする食べ物&食べ方 その1 9:30〜11:30終了
・6/6 心身を健やかにする食べ物&食べ方 その2 9:30〜11:30終了
・7/4 経皮毒について 9:30〜11:30終了
・8/1 電磁波について 9:30〜11:30終了
・9/5 自然治癒力の高め方 その1 9:30〜11:30終了

・10/3 自然治癒力の高め方 その2 9:30〜11:30
・11/14 暮らしと社会のつながり その1 10:00〜12:00

・12/5 暮らしと社会のつながり その2 10:00〜12:00

受講料:¥1,500-(講座、資料、お茶)

持ち物:筆記用具

講師:MEGURIYA加藤万晴

会場:アイプラザ豊橋 

・5/9 322&323和室終了

・6/6 206会議室終了

・7/4 206会議室終了

・8/1 307会議室終了

・9/5 307会議室終了

・10/3 307会議室

・11/14 206会議室

・12/5 307会議室

※ゴザや敷物がある方はお貸しいただけると助かります

申込先:MEGURIYA

0531-45-3069 kbansei@kha.biglobe.ne.jp

お申し込みの際は、参加月、お名前、ご連絡先をお知らせ下さい

2019.09.22 Sunday  
暮らしの教室 | comments(0) | -  

12/6〜8 榎本合歓器展&MEGURIYA cafe

合歓さんの器は化学薬品を全く使わず、黒松の薪で焼き、

稲穂などで色を出している身体に優しい器です。

 

普段私たちが使っている食器に、危険な染料や薬が

使われていることは案外知られていません。

 

食べ物に気を遣うように、毎日使う食器にも目を向けてみてはいかがでしょうか?

日本各地に熱心なファンがいる合歓さんの器。

手作りのぬくもりを感じ、日常のなかで使い込むほど愛着が湧いてきます。

 

MEGURIYAでは展示即売会を今までに何度も開催、毎回大好評です。

展示会を楽しみにしている方がたくさんいらっしゃいます。

 

 

志摩在住の陶芸家、榎本合歓さん。

東京出身の合歓さんが本当の自然な陶器を求めてたどり着いたのは、

山の麓での手作りの暮らし。

 荒野を切り拓いた2反の畑での自給自足
家もセルフビルド
山の湧き水と薪を使った生活

「一年のうちの2/3は木こり生活だよ」と合歓さんは笑います。

器の材料から焼きあがるまで、徹底的にこだわり手作りで貫かれた器。

 口伝えの特別な窯を、創意工夫で5ヶ月かけて手作り
汚染のない安全な土
釉薬は自然な灰や石、土のみ
地元の黒松だけを薪にして三日三晩かけて焼く

合歓さんの器はあったかくて、力強く、自然の力を感じます。
手に取るとなじんで優しい感じ、火と大地のエネルギーを感じます。
丈夫で、飽きず、使うほどに愛着が湧いてきます。
なによりも、お料理が美味しくなります。

桜沢里真先生、田中愛子先生、大森一慧先生、大谷ゆみこさんなど

マクロビオティックの大御所も、合歓さんの器を愛用されています。
自然な食をしていると、自然な器の良さと大事さがわかるんでしょうね。

私たちも東京にいた頃から合歓さんの器を使っていました。
ごはん茶碗、塩壺、お皿…
どれも使い込むほどに、良さがわかってくる器たち…

日本全国にファンのいる合歓さんの器は、展示会でしか購入できません。
「顔の見える範囲で、人と人のつながりを大事にしていきたい」とのこと。
幸運なご縁で販売会をしてもらっています。

お時間あったらぜひ合歓さんの器に触れてみてください。
合歓さんの話しを聞いてみてください。
合歓さんは話し始めると止まらなくなるので、お時間は余裕を持っていらしてくださいね!

展示会開催中はカフェも開催。
ぜひいらしてください。

 

+++


日程
12/6(金)〜8(日)10:00〜17:00(最終日15:00)

 

全日程でMEGURIYA cafe(ランチ、スイーツ、ドリンク)もオープン
カフェの営業時間:11:30〜15:00ごろ

※ご来店の際はランチの準備がありますので、ご予約いただけると助かります

 MEGURIYA:0531-45-3069 または kbansei@kha.biglobe.ne.jp

 

+++

2019年5月開催

榎本合歓さん 器展始まりました! 今回は夏向きの素敵なブルーの器揃ってます。 ・ MEGURIYA でも合歓さんの新作の器がやってきたので、早速カフェでお披露目しています。 嬉しい😆 ・ 今回のメニューは 季節の変わり目の体調を整えて 夏にシフトしていく初夏の香りランチ 全てのお料理に 季節の和洋ハーブの香りを忍ばせました。 お野菜は赤羽根の農家さん @mamenolab さん @patchfarm_ さんの 美味しいお野菜を使わせて頂いてます ありがとうございます😊 ・ デザートは 抹茶のムースケーキ 甘夏ピールとキャロブのマーブルケーキ バナナとブルーベリーのケーキ です。 ・ ランチは土曜日は満席となりましたが 日曜日はまだ空きがあります よかったら遊びにいらして下さいね。 ・ 今回は合歓さんの指導で陶芸体験やってます。 みんな楽しそう! 上手にお茶碗作られてました。 出来上がり楽しみですね〜 器展は日曜日までやってます お時間あれば是非!

MEGURIYAさん(@meguriya.organic)がシェアした投稿 -

 

2018年12月開催

榎本合歓さんの器展&MEGURIYA cafe 合歓さんの器展はいつもは3日間ですが、今回は2日間の開催 そのためかな、二日間とも多くの方がいらっしゃいました 今回は、合歓さんが事故渋滞に巻き込まれフェリーに乗り遅れる、というアクシデントが発生😱 1時間半遅れでの会場入りとなり、それはそれはてんてこ舞いな幕開け💦 車から器を運び、箱からだし、並べる… 来てくださったお客さんとともに、みんなで準備しました 結果的に、面白かったな〜😆 リピーターの方も多く、合歓さんの器コレクターが増えてきました うちの器も合歓さんでいっぱい 食器って「食卓の喜び」にお大いに関係があります 毎日使うものだからね 今回うちに来た新たな器は、大皿、小皿、花瓶たち 料理教室で使いますので、お楽しみに〜 +++ お料理は、今回のテーマは 「Rock’n Macrobiotics」 ボヘミアンラプソディを観てね 由希子が弾けたくなったようですよ😆 ・さつまいもと塩昆布でよろこんぶごはん ・かぶのポタージュ ・高きびのダンプリン withビーツソース&グリーンソース ・大根とこんにゃくの人参チリソース ・季節野菜とノリノリサラダ♪ ・分搗き米のおかゆパン スイーツは ・いちごのショートケーキ ・濃厚ガトーショコラ ・さつまいもプリン+紅玉のりんごソース添え 二日間でランチ57食 スイーツ60個 たくさんの方に食べていただいて幸せ 食材を提供してくれた農家さん、手伝ってくれた瞳さん、食べに来てくださったお客さん、その他関わってくださった皆さん ありがとうございました🎉 最後に3人で… ロックンロール❣

MEGURIYAさん(@meguriya.organic)がシェアした投稿 -

 

2018年6月開催のInstagram

榎本合歓さん器展 終了しました たくさんの方々に来ていただき本当にありがとうございました。 皆さんの笑顔に会えて幸せです! ・ 今回のカフェでは、田原の食材をふんだんにつかわせてもらうことができました。 多くの野菜やハーブはすぐご近所の#豆に暮らす野の暮らし研究所 @mamenolab さんから、@patchfarm_ さん、石川農園さん、他 田原でオーガニックで野菜を育てている方々の食材を使わせていただきました〜 皆様に本当に感謝です! 地元の美味しくて安心な食材でお料理を作って、みんなに食べてもらえるって 料理人としてはとても幸せ💕 豊かだなーって思えます。 合歓さんがステキな器を作ってくれて 生産者の皆さんに食材を分けていただいて 今回のカフェをお手伝いしてくれた皆さんに支えられ たくさんの方々に来ていただけて つながりの中で生かされている感覚を 強く感じた3日間でした。 心からありがとうございました

MEGURIYAさん(@meguriya.organic)がシェアした投稿 -

2017年12月開催の記事

2016年4月開催の記事

2015年11月開催の記事

2015年5月開催の記事
 

+++++
榎本合歓(えのもとがっかん)
東京出身。大学卒業後、愛知県瀬戸市の窯業訓練校で学ぶ。
三重県磯部町三ヶ所に倒炎式まき窯を自ら築き、作陶活動を続けている。

 

志摩地方に移り住んだのは、窯の燃料となる黒松が豊富なため。
倒炎式まき窯は、左右二つのたき口から上る炎が天井で一緒になり下方へ下り、約1300度の高温で作品を焼き締めることができるという。

作品が炎に触れ、灰が溶けて自然の上薬になり、独特の味わいを出しているのが特徴。
花入れ、湯飲み、黒と白の土を練り込み、志摩の海と空をイメージしたつぼなどが並ぶ。

榎本さんは「潤いや安らぎを与える作品を作りたい」と話している。
(中日新聞より)

2019.09.22 Sunday  
イベント | comments(0) | -  

暮らしの教室 特別編

去年、東三河各地で開催したこの講座

延べ150人の方にご参加いただきました

今年も豊橋で行います

 

最近、これ関係のお話をSNSで発信すると、運営会社から目をつけられる可能性があるらしく…

MEGURIYAも、去年InstagramとFacebookの連動を切られたり、MEGURIYAブログをコミュニティ違反サイトにされ、排除されたりと、いろいろありました😅

関係があるかどうかわかりませんが…

 

ってことなので、今年はネットでの告知をせず、チラシのみで募集をしておりましたが…

チラシを画像で載せ、こちらでも告知させていただきます

 

興味ある方はダイレクトメッセージやメール等で直接ご連絡ください

ご興味ある方はぜひ👋

 

来週の水曜日開催ですので、日がせまってます🙇

2019.09.14 Saturday  
ワクチン | comments(0) | -  

初めてのバッチフラワーレメディ〜入門講座〜

バッチフラワーレメディを皆さんにご紹介し始めて半年ほどたちました。

百数十本提供させていただくことで、レメディの良さをあらためて実感しています。

 

バッチフラワーレメディは、

いつ始めてもよく

いつ止めてもよく

中毒性や依存性、副作用等の危険性もありません。

どなたでも気軽に始めることができます。

 

自分自身の感情はもちろんのこと、家族やペットを整えるのにも役立ちます。

一家に一人バッチフラワーレメディを使える人がいると、とても重宝します

 

バッチに興味のある方、そして導入してみたい方のための手始めの入門講座。

お気軽にご参加下さい。

 

【この講座では…】

バッチフラワーレメディは38種類+レスキューレメディの39種類あります。

この講座では、バッチフラワーレメディの歴史、利用方法

よく利用されているレメディ、レメディの購入方法、など

気軽にレメディと親しめるよう分かりやすく解説します。

トリートメントボトル1本作成付き。

 

【バッチフラワーレメディとは】

1930年代にイギリスの医師であり細菌学者でもあったエドワード・バッチ博士によって開発されました。 

野の花や植物から作られた、シンプルで副作用や習慣性の全くない癒やしのシステムです。 

 

バッチフラワーレメディはさまざまな感情や心の状態、性格に対応し、

心の平安を取り戻したり、否定的な感情に対処したり…

穏やかに心と体と精神のバランスを保つことを手伝ってくれます。

 

赤ちゃんからお年寄りまで、安心して使用することができ、ペットや植物にも利用できます。

世界60カ国に輸出され、一般の人々から医療関係者に至るまで、多くの人々に愛され続けています。

 

↓詳細はこちらをご覧下さい

心と感情を整える花の療法〜バッチフラワーレメディ〜

 

【日程】

10月29日(火)10時〜13時 会場:MEGURIYA

10月31日(木)10時〜13時 会場:あさのは屋

11月  3日(日)10時〜13時 会場:MEGURIYA

※全日、同内容です

 

【参加費】

4400円(税込)

資料+トリートメントボトル+軽食付き

 

【講師】

MEGURIYA 加藤万晴

 

【会場&申し込先】

・MEGURIYA organic & macrobiotique

 田原市若見町権亟地80

 0531-45-3069

 kbansei@kha.biglobe.ne.jp

 

オーガニックハウスあさのは屋

 浜松市北区初生町379-4

 053-436-2313

 FBメッセージ

2019.09.14 Saturday  
バッチフラワーレメディ | comments(0) | -  

LINE@始めました

料理教室等の各種講座やイベント等をこちらのBLOGやInstagram、Facebookページ等でお知らせしてきましたが…

 

SNSは記事があっという間に流れていってしまうこともあり、お知らせにはちょっと不向き

BLOGも、わざわざ見に来ていただかなければ確認していただけません

 

ということで、遅ればせながら…

つつがなくお知らせできるようにしたく、LINE@を始めることにしました

 

生徒さんに「LINEのアカウント持ってない方いらっしゃいますか?」

と聞くと、まずいらっしゃらない

LINE、ほぼ100%の方が使っているんですね〜

ここまで普及してるとは思っていなかったので、ちょっとびっくり

 

MEGURIYAのアカウントは@whg3666r

こちらのボタンからも登録できるようです

友だち追加

現在生徒さんの方はもちろんのこと、元生徒さんはぜひご登録お願いします

 

毎日送ったりしませんので、大丈夫です😆

2019.09.14 Saturday  
お知らせ | comments(0) | -  

季節のベジスイーツクラス

【季節のベジスイーツクラス 】

 

季節のベジスイーツクラスはベジスイーツ作りの応用編。
ベーシッククラスで行ったスイーツの作り方

(ワザ、コツ、考え方)を基本に、

組み合わせを工夫したり、

フレーバーを変えたりして、

様々なスイーツを作ります。

 

手間をかけたスイーツは見た目も華やか。

作るのも食べるもの特別感があり、喜びがあります。

 

贈り物としても、喜んでいただけるスイーツ。
ちょっと特別な美味しいスイーツを作ってみたい方対象のクラスです。


++++++++++++++

 

 

内 容

アップルパイ&キャロットケーキ&ベジカスタード

 

日 時

10/22(火祝)10:00〜13:30満員(キャンセル待ち)

10/23(水)10:00〜13:30満員

10/27(日)10:00〜13:30満員(キャンセル待ち)

 

対 象

どなたでも受講いただけます

 

受講料

¥4,000-+消費税(材料費等諸経費込み)

 

持ち物

エプロン、三角巾、お持ち帰り容器、タオル、筆記用具
 

講 師

加藤万晴
 

会場&申込先

住 所:441-3503愛知県田原市若見町権亟地80番地

電話&FAX:0531-45-3069

E-mail:kbansei@kha.biglobe.ne.jp


※お子様は預けて、ご本人様のみの受講をお願いしています。

 

同内容で浜松でも開催が決まりました

会場:オーガニックハウス あさのは屋 浜松市北区初生町379-4

日 程:10/24(木)

時 間:10:00〜13:30

受講料:4000円+消費税 材料費等全て含む
持ち物:三角巾、タオル、エプロン、筆記用具、持ち帰り容器
場 所:あさのは屋となり あさのは文庫
定 員:8名満員

お申込み:あさのは屋店頭 または FBメッセージ または 053-436-2313 

※キャンセルは前日50% 当日100%となりますご了承ください。
※お車はあさのは文庫前にお停めください。当日ご案内いたします。

+++++++++++++++++

 

各教室の料理や様子などをSNSにて発信しています

・Instagram ID:@meguriya.organic

・Facebook ID:@meguriya.organic

2019.08.18 Sunday  
スイーツクラス | comments(0) | -  

純セレブスピーカー

今回の参院選でれいわ新選組から立候補した「やすとみ歩」候補者

比例区はたくさん候補者がいますが、僕らはこの方が一番のお気に入りとなって…

やすとみさんの動画を興味を持っていろいろと見てました

 

その中に純セレブスピーカーなるものがあって

「純セレブスピーカー…?? 何それ?😆」

↑動画は長いですが、純セレブスピーカーの説明は10分ぐらいです

 

こちらのスピーカー、箱が段ボールらしい😁

作るの簡単、めちゃくちゃ安価

そして音がとっても良い… とのこと

 

うーん、興味あるかも😊

ってことで作ってみました💪

 

 

 

【材料 2セット分】

ダイソーのUSBスピーカー(2個1組324円×2セット)

スピーカーユニットを入れる箱(ダイソースピーカーの箱をひっくり返した)

適当な大きさの箱を追加で購入(2個で216円)

スピーカーケーブル(家にあった)

デジタルアンプ(3500円)

 

【道具】

ハンダこて&ハンダ(648円)

プラスドライバー、カッター、コンパス

 

経費は…

全部で5000円ぐらいでしょうか

 

【作った感想】

作るのは、本当にカンタンです

1,スピーカーを分解してユニットを取り出す

2,ユニットに、ケーブルをハンダ付けする

3,段ボールに穴を空けて、そこにユニットを入れる

4,てきとうに紙を詰めて、ふたをしてスピーカーの完成

5,アンプに繋げば、音が出ます

 

↓僕が参考にした、作り方の動画はこちら

 

【音の感想】

はじめは「まあ、こんなもんかなぁ」という感じでしたが、

しばらく鳴らしてみると…

音域によりますが、とても良い音が出てます😆

(低音はあんまり出ません)

 

人間の声とか楽器の音とかは、かなりクリアに聞こえます

しかも、聞いていて疲れない

ずーっと聞いていられます

 

ある人が純セレブスピーカーを

++

通常のスピーカーの音は、料理でいうと「化学調味料等を駆使して、工夫を凝らして作った味」

純セレブスピーカーの音は、「素材の美味しさそのままの、ピュアな味」

++

と評しておりましたが…

この感想、しっくりきます

 

デジタル音源、機械で作られた音とか、アレンジされた音っていうのかな、いじられた音はイマイチ

ライブ音源や、マイク集音などの実際に空気を震わせた音源のものは、かなり良い感じです

 

クラシック等を聴いていると、楽器演奏者の息づかいまで聞こえてくることも😲

女性ボーカルなんぞは、目の前で歌っているかのごとく聞こえるものもあります

 

ってことで、面白かった😁

(音を実際に聞いてみたい人は、リクエストして下さい👍)

2019.07.24 Wednesday  
雑話 | comments(0) | -  

参院選、終わりました〜

参院選、終わりましたね

選挙期間中に書いた記事、なんだか反響があったようで😲

「いいね」を150ほどいただきました

 

で、今回の投票、公開しちゃうと僕は

・一枚目の投票用紙(選挙区) 共産党の須山さん

・二枚目の投票用紙(比例区) れいわ新選組の安冨さん

に入れました

由希子に聞くと、僕と同じ、とのこと😅😆

 

で、結果は

愛知県の選挙区は

須山さん、うーん…

二倍以上の差が付いてますので「惨敗」といっていいかなぁ😭

 

比例区は

安冨さん、れいわ新選組の中で6番目なので、当選には遠く及びませんでした😅

っていうか、全国で8632票しか入ってないんだ…驚

 

ちなみにちょっと調べてみると…

田原市で安冨さんに投票したの6人だそうです

そのうち2人は僕ら夫婦😆

 

比例区の候補者、他に応援していたのが

れいわ新選組の大西さん

大西さんも落選

 

そして、立憲民主党のおしどりマコさん

こちらも…

落選なのね😭

っていうか…

須藤元気とか市井紗耶香とかの方が上ってどういうことよ😠

という気持ちがわき上がってきます

 

ってことで、僕が応援していた人、全員落選という結果でした😭

僕、マニアックなんだろうな😅

我ら、ほとんど貧乏神と化してます🙇

 

+++

 

ここまでは、おちゃらけ話でしたが

ここから先は、ちょっと真面目な話し

 

今回、れいわ新選組が2議席獲得

そして、政党要件を満たしました

 

この結果を受け、重度身体障害者2名が国会議員として国会に入ることになります

「政治は健常者がやるもの」という固定概念を破壊する、画期的なことです

「当事者も議員になった方がいいよね」ということに、多くの人が気づいた選挙でした

 

そして、れいわ新選組が政党要件を満たしました

大きな援護団体を持たず、市民一人ひとりに支えられた政党が政党要件を満たしたことは、今回が初です

これも本当に画期的なこと

 

今後は山本太郎が政党の代表者として、テレビ新聞に取り上げられる機会が増えていきます

彼のメッセージは強烈なので、多くの人に「政治の大切さ」の刺激が届くことになると思います

 

今回の選挙は、れいわ新選組の大勝利、といって良いかと思います

こちらの記事(https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/258810/)の通り

 

風穴を開けるには十分な穴が空きました

今後の選挙は、さらに面白くなってくるかも、と期待が湧きます

 

今回も自民党と公明党で過半数は取りましたが…

改憲に必要な2/3には届かないばかりか、改選前の議席にすら届きませんでした

与党は、完全な敗北と言っていいと思います

 

安倍政権がこれだけやりたい放題やれてこれた理由は、選挙に強いから

選挙に強い、これは政党内で超強力な求心力となります

「安倍政権はむちゃくちゃだけど…

選挙に強いから、ついていくしかない」

という自民党議員も多いと聞きます

 

でも、選挙で勝てなくなったら…

自民党内での求心力は一気に低下しますし、離党する人も出てくるでしょう

もともと力に任せた裸の王様たちですので、一気に崩壊する可能性があります

 

突如ベルリンの壁が壊れ、ソビエトが崩壊したように、嘘っぱちの権力は壊れるときはあっという間

その「急所への一刺し」が今回入ったかも、という期待感があります

 

2013年の衆院選から、選挙のたびに毎度毎度げんなりしてきましたが…

今回は面白かったし、喜ばしい結果でした😁

 

次の衆院選が実に楽しみです

 

というのが、僕の感想でした

 

+++

 

最後に

 

僕が今回応援していた安冨さん

 

安冨さんは街宣で「政策」ではなく

ずっと「政治の原則」の話しをしていました

彼女のメッセージは、とてもシンプル

それは「子供を守る」ということ

 

「富国強兵から子供を守る社会へ」

「差別から生じる暴力をなくそう」

「子供たちから学ぼう、子供たちの夢を叶えよう」

「ありのままの自分で生きましょう」

 

安冨さんの最後の演説、これも本当に秀逸

 

文字おこしの一部もつけておきます

 

+++

女性装をするようになってですね、最初は私、ヒゲも濃かったし、これ脱毛してなくなったんですけど、化粧も自分ではちゃんとできないので、スカートを履いて街に出たりしておりました。そうするとやっぱり、白い目で見られるんですね。


白い目っていうのはものすごいものです。その時まで私は白い目ということを知らなかったなって思ったんです。日本に生まれて、男性で生まれて、いい大学に入って、いい会社に入って、大学の教授とかやってると、白い目を向けられるということがないんです。だけど、その私が青いヒゲの剃り跡を残して、スカートを履いて街に出れば白い目を向けられたんです。その時にですね、ああ、本当に暴力に満ちた世界なんだっていうことがわかりました。


そして同時にですね、白い目を全員が向けるのではないということを知ったんです。私を見て白い目を向ける人もいれば、私を見て喜んでくれる人もいる。何とも思わない人もいる。だから、白い目を向ける人は、白い目を向ける人に問題があるんだっていうことに気がつきました。


その、白い目を向ける人っていうのは、いろんな機会を狙って白い目を向けようと思っているんです。誰かに。その口実は何だっていいんです。ユダヤ人でもいいし、黒人でもいいし、中国人でもいいし、田舎者でもいいし、低学歴でもいいし、あるいは逆に東大出でもいいですけど、なんでもいいです。 何か口実があって、みんながその口実を受け入れるのであったら堂々と白い目を向けられる。そういう対象を探している人がいるんです。その格好の餌食が、男のくせに男を好きになる奴とか、男のくせに女の格好をしてる奴っていうのは、問答無用で白い目を向けていい奴なんですね。だから彼らは、容赦なく私に白い目を向けてきた。そういう風に考えて、私がこれまで考えてきた、いろんなものの考え方が間違っていたことに気づいたんです。


つまり私はですね、トランスジェンダー、私みたいな人間のことをトランスジェンダーっていうんですけど、トランスジェンダーだから差別される、ゲイだから差別される、だから、トラトランスジェンダーの人権を守ってほしい、ゲイの人権を守ってほしいっていう風に考える。そのように私は差別や暴力の問題をとらえていました。被差別部落民だから差別される、ユダヤ人だから差別される、というように。


でも違うんです。差別する心っていうのがみんなの中に棲んでいるんです。私の中にもいます。それが強い人がいます。弱い人もいます。そういう、差別する心が強い人たちは、何か対象を見たら差別したくなる。そんなに強く思っていない人でも、例えば生活が苦しくなったり、自分の地位が危うくなって苦しんでる時には、何らかの口実を見つけて誰かを差別したくなる。そうすることによって自分の精神の安定を保ちたくなってしまう状況に追い込まれている人がたくさんいるんです、この国には。それが問題の本質だってことに気づきました。


だから私は、トランスジェンダーとか、レズビアンとか、ゲイとか、性同一性障害とか、そういうものは存在しないんだって言ってます。存在するのは、差別する人がいるだけで、彼らの口実がいろいろなだけなんです。だから、私はその、そういう性的な問題、特に同性愛とか、性同一性障害というような要素は、私は誰にでもあると思っています。


だって私自身、夢にも思わなかったです。50歳を過ぎるまで。自分自身の中に女の子が住んでいて、男の格好をしているだけでイラついているということに50年気づかなかったんですね。私は今まではずっと、好きになる対象は女性でした。それは今まではそうだったのであって、もしかしたらこの次、男性を好きになるかもしれない。分からないです。でも誰もがそういうものを持っているに違いないんです。私が特別、とっても変わった人だからこうだったんじゃないと思っています。


多かれ少なかれそういう要素を持っていると、自分の中にあるゲイとか、女装とかいうものに対する嫌悪感、恐怖心、つまりもし自分が男のくせに男を好きになったら、みんなにボコボコにされるのが怖いという気持ちがあると、ゲイの人を差別します。自分が、女の子の服を着てみたいという気持ちがあると、男のくせに女の格好をしてる奴を見ると差別したくなります。だってそれは、そうすることによって、自分にそんな要素がないということを自分に示せるからです。


そういう風にして差別っていうものが生まれて、根元はやっぱり、自分自身の存在に対する不安なんだと思います。みんなにいじめられるんじゃないか、自分はここにいちゃいけないんじゃないか、自分は生きているだけではダメなんじゃないか、何か意味のあることをしなくちゃいけない、何かロクでもないことをしたら追い出されてしまうんじゃないかという恐怖心があって、その恐怖心を何かに転嫁するために差別する対象がいるんです。それが差別を生んでるという風に考えるようになりました。


だから、私たちがやらないといけないことは、性的少数者の人権を守ることではないんです。そもそも性的少数者なんてものはいないんです。単に、そういう口実で差別する人がいるだけです。そういう口実で差別する気持ちが私たちの中にあるだけ。その根源をたどれば、それは一人一人が不幸だからだっていうことに気がつきました。


しかもその不幸というのは、今の不幸じゃないんです。子どものときの不幸なんです。子どもの時に、私が生まれてきただけで意味があるのかないのか。ないと。生きているだけではダメなんだと思うということが、そういう暴力を生んでしまうんだと思います。

 

だから、この世から暴力を完全に無くすことは無理でも、私たちの社会が暴力的な社会じゃないようにするためには、子どもを守らないといけないんです。すべての子どもを、すべての暴力から守らないといけないんです。全ての子どもが、お腹いっぱい食べられて、愛情を向けられて、気持ちよく育っていけるようにならないといけないんです。そうしたら、その正体不明の不幸は私たちの社会から消えてなくなります。だから私は、子どもを守ろう、子どもを守るということが社会の原則なんだと、皆さんにお伝えして参りたいと思って立候補しました。

 

+++

 

もうひとつ

大西つねきさんの動画もつけておきます

問題だらけの現代社会の原因がわかります

これも皆さんとシェアしたい内容

ご紹介しておきます

2019.07.23 Tuesday  
政治、選挙 | comments(0) | -  

| 1/111PAGES | >>