【トマト×発酵食】〜アサリとジャガイモのトマト煮〜

JA愛知みなみトマト部会の「みなみレッド」さんとのコラボ企画

【トマト×発酵食】

第4弾です

 

アサリとジャガイモ? と思われるかもしれませんが、アイコとアサリの旨みをジャガイモが吸って、それはそれはおいしくて消化にもいい組み合わせです。

 

【アサリとジャガイモのトマト煮】

【材料】

アイコ 120g

ニンニク 1かけ

ジャガイモ 中1個

あさり   250g

オリーブオイル 大さじ1と1/2

白たまり  適量

白たまりは三河が誇る発酵調味料。

愛知県産の小麦と「海の精」というおいしい塩と、足助の湧き水で作られています。

色が薄く、深くてすっきりとした味わいなので、素材の色や風味を生かしたいときに私は良く使います。

 

1.アイコは半分に縦二つ割、ジャガイモは4〜5mm厚のいちょう切り、ニンニクはみじん切りにします。

 

2.冷たい鍋にニンニクとオリーブオイル大さじ1と1/2入れて、弱火にかけます。ゆっくりオイルにニンニクの香りをうつしていきます。

 

3.シュワシュワしてきて、ニンニクの香りが立ってきたら、ジャガイモとトマトを加え、強火にしてサッと炒めます。

 

4.蓋をして、しばらく弱火で蒸し煮。お鍋の中がフツフツしている状態で煮ると、水分が乳化してトロリとなっておいしいです。火加減大事。

 

5.ジャガイモが竹串が通るぐらい柔らかくなりました。これは新じゃがなのでくずれてませんね。やわらかくなったらあさりを乗っけて、蓋をしてさらに蒸し煮。

 

6.アサリの口が開いていたら、火が通ったサイン。アサリによって味加減が変わるので、ここで味見をし、白たまりで塩加減します。

 

完成!

アイコの甘み、アサリの旨み、白たまりの味わいでどうやったっておいしくなります。

 

パセリがあったらぜひ、刻んでパラリして召し上がってみてください。

 

+++

作ってみた方は、写真と感想を送ってくださると嬉しいです!

簡単でかまいません

こちらまで↓

kbansei@kha.biglobe.ne.jp

よろしくお願いします〜

 

+++

 

みなみレッド×MEGURIYAのコラボ企画

【トマト×発酵食品】

 ・みなみレッド×MEGURIYA

【トマトレシピ】

 ・塩麹で作るフレッシュトマトソース

 ・味噌で作る人生最後のトマトソース

 ・トマトのはちみつマリネ

 ・アサリとジャガイモのトマト煮

 ・ヒヨコマメと玉ねぎのトマト味噌煮

 ・インド風レンズマメのスープ

【発酵食】

 ・塩麹

【私も作ってみました】

 ・フレッシュトマトソース

 ・トマト味噌ソース

2019.05.20 Monday  
トマト×発酵食 | comments(0) | -  

コメント
コメントする