〜人生の羅針盤、幸せを呼ぶ〜九星氣学講座

今年の春、東京で受講した野田先生の九星氣学講座

 

わかりやすく、楽しく、ためになるお話でしたので…
お願いして、このたびMEGURIYAまでお越しいただき、講座をしていただくこととなりました😊

 

アメリカでの生活が長く、今もニューヨーク在住の野田先生
アメリカでのオーガニックやマクロビ事情など…
ワールドワイドな視点で、幅広いお話も聞けますよ〜

 

〜人生の羅針盤、幸せを呼ぶ〜九星氣学講座

 

九星氣学とは陰陽五行を更に統計的に振り分け9つの星に区分した占術です。

皆さんも”九紫火星””六白金星”などの言葉を聞いたことがあると思います。

誕生日から、9つの気質や性質を詳しく理解し、私たちの人生の流れや周期を紐解き、幸運な運命へと導く学術です。

 

また、九星氣学はお米という穀物のサイクルに沿った統計学で、生きているお米「玄米」を日常いただいているマクロビオティックを学ぶ方には良く分かり、腑に落ちる占術、統計学です。

 

日時:8月23日(金)

 九星氣学基礎 10:00〜12:00 

 九星氣学基礎◆13:00〜15:00

 個人セッション 15:30〜17:30←オススメ

 ※お一人30分×4人(追加可能)

 

料金:,里漾5000円

    椨◆10000円(軽食付き)

   個人セッション 5000円

持ち物: 筆記用具 

場所&申込先:MEGURIYA

定員:10名

 

野田清美

Kiyomimacro in New York主宰。

ライフアップカウンセラー。

マクロビオティックインストラクター。

ニューヨーク大学卒。ニューヨーク在住20年。

マサチューセッツ州のクシインスティテュートでカウンセラー養成のレベル4修了。

多方面で「見えないエネルギー」を理解し、活用する活動に取り組み、

楽しく生きる人生 を提唱している。

ホームページhttp://kiyomimacro.com/

 

■野田清美先生からのメッセージ

皆さん、こんにちは。

皆さんにとって九星氣学は人生の羅針盤となる学びです。

 

九星氣学を聞いたことがある方も、初めて聞く方にも、初心にかえって改めてわかりやすくご説明させていただきたいと思います。 九星気学はその名前の通り、9つの星の気質を統計的に振り分け、さらにはその9種類の星が9年のサイクルを巡るという占術になります。  

陰陽五行でこの氣学は成りたっていますから、マクロビオティックの哲学、食の理論とも深く繋がっています。 シンクロしている占術だからこそ、皆さんの気質がどんなものかと知ることで、これからの自分の進路を導くことができる、まさに人生の羅針盤と言える道具なのです。 

マクロビオティックの食事を取り入れ始めることで、生きているエネルギーの高いお野菜や主食の全粒穀物=玄米を食べることが増え、それによって身体が整い、「磁力が上がる=健康」になることは、すでにお気付きのことだと思います。 

 

私がマクロビオティックを学び始めた頃に、「私達の血が塩っぱいのは理由がありますよ」と、改めて言われたことがあります。 「塩水と砂糖水の中にそれぞれプラスとマイナスの電極を入れて、その水の中で電流が通るのは、塩水だけです。砂糖水では電流は流れませんよ」と。 

健康な血は、微量ながらも良い電流が流れ、様々な情報や栄養を身体の各所へ届け、良い流れと働きをしていることで、磁力が強くなりますね。 気という文字は、本来「氣」という漢字が簡素化したものですが、中央に「米」があるのは、実は全粒穀物の生きているお米を食べて、氣の流れが整うのにも通じるようです。 九星氣学では、その氣が整った体を進むべき方向へ導いてくれるナビゲーションのような道具でもあるのです。

 

2019年は、八白土星という、五行では土のエネルギーを持つ、革命的な星が中宮(中央)に座し、一年の軸となるので、大きな変化や新たな始まりと繋がっています。 今の社会の現状からも変化を予感させていますね。マクロビオティックの宇宙法則、陰陽五行の東洋的な宇宙観念を、九星氣学から学び、直感力を高く引き寄せる磁力の高い体の使い方を会得して、ぜひこの変革の時期に、人生を謳歌する流れを選択しませんか?  

皆さまとの出会いを楽しみにしています。

 

ご自身の人生や生きがいについて深く見つめて、「個性を持って楽しむ時間をもつこと」がとても大切です。

あらためて自分の立ち位置を見直しませんか?

ご自身の進む道に迷いがあったり、ご自身のエネルギーを充電する機会を持ちたい方、個人セッションで一緒に詳細な対処できる意識を見いだす鑑定というのも一つの方法です。

 

そんな気持ちにシンクロした方と、お会いできるのを楽しみにしております。

ありがとうございます。

2019.07.09 Tuesday  
イベント | comments(0) | -  

コメント
コメントする