本間医師 新型コロナウイルスについて その13

【COVID-19に対する抗体検査が、あらゆる問題解決の糸口になる!】

今回は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の現在の診断方法(PCR法)とは別の検査方法である抗体検査について記事にします。

 

今後、国や自治体による緊急事態宣言や都市封鎖などにより通勤や登校、外出、イベントなどのあらゆる活動の大きな制限が行われると思います。

 

これらは、感染者の増加スピードを遅らせて医療崩壊を防ぐ手段の一つにはなります。しかし、効果は一時的で、今後の市中感染の拡大(大規模の流行)は防ぐことはできず、その後の生活全般への長期的な制限につながっていくと思われます。

 

国民全体が必要な社会活動を行えるような対策を明確に示すための情報が不足していますが、大規模な抗体検査によりCOVID-19の全体像が明らかになり、何よりもあらゆる不安やパニックを解消することになると個人的には考えています。

これまでに書いた記事のまとめは以下を参照してください。
http://meguriya.info/?eid=1254

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診断は現在、核酸増幅法(PCR法)が行われています。これはウイルスがいるかどうかの検査になりますが、COVID-19ではとても間違いが多く、50〜60%ほどの正解率と考えられています。

 

さらに、検出されたウイルスに活性があり(生きていて)他人に移すかどうかもわかりません。検査には特別な機器(特定の研究機関)が必要で、時間も経費もかかります。

 

検査方法には、他に抗体検査があり、これはウイルスそのものではなく、生体の免疫反応により作られる抗体を検出するものです。

抗体検査の簡単なキットが完成すれば、どこの病院でも迅速に安価で検査が可能になります。すでに海外のメーカーによって何種類かのキットが開発されています。現在日本では普及が遅れていますが、まもなくどこでも検査ができるようになるでしょう。国や行政機関も検査できる体制を整えていると思います。

 

まず、抗抗体検査をする意味(わかること、出来ることなど)をまとめました。項目を箇条書きにして、その後に補足で説明します。


/巴任魍猟蠅任る
感染しているか、したことがあるか、免疫がついているかがわかる
4鏡者数が正確にわかる
ど袖い僚斗彭戮わかる
ド詑屬硫鯡世進む

以下、補足による解説です。


COVID-19診断の確定
コロナウイルスであるかどうかの検査になります。当然ですが、似たような症状を出す他の病原体(インフルエンザや普通の風邪など)の検出はできません。

 

感染や免疫状態の確認
今感染しているのか、いないのか?感染したことがあるのか、ないのか?免疫がついているのか、いないのか?が分かります。今症状があってもなくても結果が出るのがポイントです。

 

また、感染してから時間が経ってからでもコロナウイルスであったのかどうかも確認出来ます。同時に、すでに抗体を持っていれば、自分は感染しない(しにくい)、人に移さない(しにくい)かの判別もできます。

 

これにより、抗体のある人から優先的に仕事や日常生活に戻るなどの判断ができるようになります。これは、感染者の隔離の解除だけでなく、医療や介護従事者、接客業や感染リスクの高い職場、死亡リスクの高い高齢者や基礎疾患のある人などで特に重要になります。

 

4鏡者数が正確にわかる
現在の国の方針は、感染者の全数を把握することを目的にしていません。無症状のものや軽症のものは検査すらされないからです。そして基準(通常、発熱して4日経過)を満たして検査したとしても現行のPCR検査では間違いが多いのです。

 

現在の検査体制では、COVID-19の患者数の実体は全くわかりませんし、他国との比較もできません。

 

ぅ灰蹈淵Εぅ襯垢僚斗彭戮わかる
感染者の数、不顕性感染(症状がない人の感染)の数などが正確に分かれば、感染する割合、発病する割合、重症化する割合、死亡する割合なども計算できます。

 

これによりCOVID-19がどの程度怖い病気なのか、どの程度の感染力があり、どのように広まり、どの程度コントロールすればいいのか、などがわかることになります。

 

とくに、通常の風邪やインフルエンザ、他の肺炎などとどの程度違うのかの比較が大切になります。現在は、これらの情報がほとんど得られないまま、恐怖だけが広まっています。

 

ド詑屬硫鯡世進む
COVID-19では様々な疑問や不安な憶測がなされています。例えば・・・
・免疫(抗体)ができないウイルスなのではないのか
・抗体が有効なのか無効なのか
・免疫が続くのか続かないのか 続くなら、どれくらい続くのか
・持続感染、潜伏感染、再感染、再燃があるのではないか?
これらを考えるにあたって、とても有益な情報が得られると思います。

 

抗体検査の問題点に関しても箇条書きにまとめておきます。詳しい解説はブログをご覧ください。
https://shizenha-ishi.com/blog/microbe/1263/


.Εぅ襯垢亡鏡して症状がでてからさらに数日以上たたないと検査できない
検査自体の精度(とくに擬陽性:間違って陽性となること)が問題になる
8〆困糧縦蠅笋海譴砲茲訛弍に今のところ明確な基準がない 
ぅΕぅ襯垢変異しても同じ抗体検査が有用であるかわからない

 

これらに関しては、検査を繰り返したり、他の検査法と組み合わせる、なるべく早くコンセンサスの得られる基準値を作るなどの対策が有効になるでしょう。

 

抗体検査の最大のメリットは、ただ単に診断するだけでなく様々な情報が得られCOVID-19の本当の姿や対処法が見えることにあります。結果にもよりますが、それによりおそらくは大きな不安や恐怖を取り除き、今後の進むべき方向がはっきりすると思います。

状況がわからないから不安になるのです。現在は不安が不安を呼び、憶測が憶測を呼んでパニックとなり、世界中が機能不全に陥っています。影響は仕事、教育、医療、生活、精神などのすべての面で制限をされ、経済や社会の混乱だけでなく、発言や自由の統制にまで及ぼうとしています。

 

有効な対策を立てるためには、現時点でのコロナウイルスの概略を把握する必要があります。そのためには、まずは早急に数千人から1万人位の規模で日本各地のボランティアなどで抗体検査をしてみるのが良いと思います。

 

現在でも抗体検査ができるキットや試薬は世界中からすでに開発、報告されています。これらの民間のものを購入したり、国内外の研究機関で開発された抗体を提供してもらうのがいいと思います。それに平行して、多くの国民がいつでも抗体検査を受けられる体制を整えるのを、国が率先して世界中と連携をとりながら一刻もはやく確立すべきだと思います。

 

記事が長くなりますので抗体などについてもブログで追加説明しています。
興味のある方はぜひご参照ください。
https://shizenha-ishi.com/blog/microbe/1263/

 

+++

 

本間真二郎先生のよるコロナウイルスの記事

 

本間真二郎先生のFacebook

 

〆任盻斗廚幣霾鵑隆雰蕕覆泙箸(2/21)

⊃祁織灰蹈淵Εぅ襯垢領彎嘉特徴(2/22の時点)

新型コロナウイルスについてのウイルス学的な特徴(2/24)

ぐ貳眠板蹐任凌祁織灰蹈淵Εぅ襯垢隆鏡予防(2/25)

グ貳眠搬夏發膿祁織灰蹈淵Εぅ襯拘鏡が疑われたり、すでに発症者が出た場合の対応(2/26)

新型コロナウイルス感染症の治療に期待される抗ウイルス薬であるファビピラビル(商品名アビガン)について(2/28)

Э祁織灰蹈淵Εぅ襯垢瞭団Г猟媛辰蛤8紊梁弍についての考え方(3/10の時点)

┸祁織Εぅ襯拘鏡症の軽症例と重症化を分ける免疫の仕組み(3/13)

新型コロナウイルス感染症の重症化のカギはACE2(アンジオテンシン変換酵素2)にある(3/15)

新型コロナウイルス 不安や疑問に答えるQ&A(3/17)

新型コロナウイルス感染症は令和の時代の新たな「命定め」(3/20)

新型コロナウイルス感染症の追加情報〜ACE2の重要性◆(3/28の時点)

新型コロナウイルス感染症に対する抗体検査が、あらゆる問題解決の糸口になる!(4/2)

 

+++

 

※新型コロナウイルスに関して まとめリンク

2020.04.03 Friday  
新型コロナ・ワクチン | comments(0) | -  

コメント
コメントする