内山葉子医師 解熱鎮痛剤の危険性

内山葉子医師

自然派医師であり、ちょっと専門的なことまで教えてくれる、ありがたいドクター

https://www.facebook.com/uchiyama.yoko.98/

 

いろいろとyoutube動画が上がってますので、興味のある方はぜひ

https://www.youtube.com/channel/UC1huc97wO3oJd4vw658xJkw/

 

https://youtu.be/c72E3H3FGiY

 

【解熱鎮痛剤NSAIDsで無理に熱を下げると危険】

発熱は自然治癒力です。

熱を出すことで、白血球の活動をあげ、ウィルスなどの病原菌の増殖を抑制してくれるのです。


また解熱鎮痛剤はからだで起こっているサイトカインのバランスをかえ、サイトカインストームを起こすリスクがあります。


解熱鎮痛剤の副作用に「感染症の増悪」があるのです。不調がでてもある程度なら医療機関に行かないようにと呼びかけていますので、つい市販薬の風邪薬や熱冷ましを服用すると思いますが、多くの中にNSAIDs鎮痛解熱剤が含まれています。


PL顆粒、イブやナロンエース、ルル、バファリンなどなど安易に飲まずに、頭を冷やして、消化に良いものをとってゆっくりしましょうね。


漢方薬が新型コロナウィルスCOVID19に効果的だったという報告もあります。併用したほうが退院率も症状改善率も期間も早かったそうです。


(常用している方が急にやめるのはおすすめしませんが、できるだけ痛み止めも使わない方向でいきましょう。

局所を温めたり、マッサージをする、鍼やお灸、アロマの方が痛みには効果的ですよ。)

 

+++

 

※新型コロナウイルスに関して まとめリンク

2020.04.11 Saturday  
新型コロナ・ワクチン | comments(0) | -  

コメント
コメントする