本間医師 新型コロナウイルスについて その21

5/1

『日本の一つのクリニックでの抗体検査の結果です』

個人のクリニックですが、一般市民の希望者200名で抗体検査(簡易キット)を行い、約6%で陽性(つまり抗体を持っている=すでに感染している)という結果でした。
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020043090070748.html

 

この結果は、1クリニックの結果であり、
仝〆鎖瑤とても少ない
検査を受けた人の集団の地域や年齢分布などの補正をしていない
8〆坤ットの感度や特異度が不明
などの問題がありますが、先日の慶応病院でのCOVID-19と関係のない人(総数67名)でのPCR陽性者と全く同じ割合(6%)になっています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200423/k10012401391000.html

 

東京の人口を約1390万人とし、このうち約6%がすでに感染したとして単純計算してみます。
・ 東京都のこれまでの感染者数の推計は約83.4万人になる

 

昨日(12/29)までの東京都の公式な発表では、累積患者数は4059名、死亡者数の累計は108名です。
・感染者数の推計は正式な報告の約205倍になる
・推定感染者での致命率は0.013%(正式な報告2.66%の約1/205)になる

 

これは、通常のインフルエンザの致命率の0.1%を大きく下回ります。

繰り返しになりますが、抗体検査から推定されることは、
・COVID-19の正確な致命率は現在の正式な報告よりとてもとても低い
・不顕性感染や軽症者が非常に多い
・すでに多くの人が感染し、無症状のまま治っている可能性がある
・以前から指摘されているとおり日本では重症者数、死亡率とも特に低い

 

このように、PCR検査だけの今の検査方法ではCOVID-19の全体像はほとんどわからず、全く違う印象の病気になります。

 

また、抗体ができても、本当に免疫がついているかどうか(再び感染しないか、他人にうつさないか)を疑問視する意見もあり、自然免疫や獲得免疫の重要性が指摘されて来ています。

 

しかし、まずは抗体検査でCOVID-19の全体像を把握し、現在行っている対策や考え方を早急に大きく見なおす必要があると思います。

 

+++

 

本間真二郎先生のFacebook

 

※新型コロナウイルスに関して まとめリンク

 

2020.05.05 Tuesday  
新型コロナ・ワクチン | comments(0) | -  

コメント
コメントする