原発再稼動反対デモ 行ってきました

万晴です。

昨日金曜日、原発再稼動に反対する人々が首相官邸前でデモをすると知り
上京し参加してきました。

デモのことは知っていたのですが、参加しようとは全く思ってませんでした。
理由は「愛知は遠いから」。
ですが、先週のデモ参加者のツイートのなかに
「長野から来ました」という普通のおばさんのツイートを見て
「あ、遠くても行きたきゃ行けばいいんだ」と意識が変わりました。

首相官邸前で行われているデモは、毎週金曜日18時〜20時にやってます
先週は10000人を超える人が集まった(主催者発表)そうですが、
これをどのマスメディアも全く報道しませんでした。
 10000人規模のデモをしても報道されないのなら、もっと集まろうじゃないか。
 いやでも報道せざるをえないほど集まろうじゃないか。
ということで、今週は集まろうという雰囲気がツイッター上でムンムン。
今週のデモは日本の一つの転換点になるかもしれないなと感じましたので、
ぜひ行き、参加したいなと思ったわけです。

行きたいなと思っていたのですが、躊躇していたところ
 「そんなに行きたいのなら行けば」
 「来週行けるという保障はないよ」
と、由希子に後押しをしてもらえ、行くことを決意。
15時30分に仕事を切り上げ(由希子に押し付け)一路東京へ…
で、参加してきたわけです。

IMG_0888.JPG
参加している人達は、ごくごく普通の人達でした。
子供はさすがに少なかったですが、若者からお年寄りまで、
老若男女幅広く、偏ることなく参加していました。
「原発反対」と2時間に渡って、シュプレヒコール
大声でどなる人、怒りをあらわにする人、
静かに訴える人、淡々と唱える人、口をつぐんだ人、
人それぞれ、思い思いに「想い」を表現していました。

参加者は最終的には4万5千人(主催者発表)。

山本太郎、見ました。
写真撮ろうかなとも思ったのですが、一市民として参加しているかと思うと
何だか失礼なような気がして撮りませんでした。
彼が行くところ行くところ参加者の志気が上がり、パワーアップしていきます。
実にパワフルというか華のある存在感があふれてました。
反原発運動の重要な旗ふり、担い手なんだと実感しました。


こんな集会、ホントは厭です。
多くの参加者は、本当はこんなことしたくはなんだと思います。
でも、もうどうにも我慢が出来ないところまで追いつめられて、
行動に出ざるをえないところまできてしまったんだと思います。

僕は原発反対です。
普段、大声を上げて表現していませんから他人と共有する機会がありませんでした。
デモに参加して、多くの人が同じ思いなんだと実感すると嬉しくなりました。
同時に、これだけの人が怒り、悲しみ、集まっているかと思うと悲しくなりました。
様々な思いが沸き上がり、デモ中幾度も涙があふれてきました。

デモを終えて、帰路の途中、興奮も冷め振り返って感じてみました。
ここから日本が変わっていくかもしれないという希望を感じました。
ほとんど絶望に近い感覚に、いくらか光が射しました。
やはり、人から光、希望を貰えるものなんでしょうか。
共有、共感の持つ力なんでしょうか。

今までのところ、毎週金曜日18時〜20時行っているようです。
来週も多くの人が集うことでしょう。
関心のある方は参加をお薦めします。

2012.06.23 Saturday  
原発 | comments(2) | -  

コメント
こんにちは。お疲れさまでした。
YouTubeでその様子を観ました。
加藤さんの写真でもそれとなくわかるんですが、動画で観たら、えええええ???でした。驚きました。なぜあんなにたくさんの人が首相官邸前に集まったのにどこのメディアも知らんぷりしてるんでしょう? 答えはわかりきってますが、あれを報道しないなんてメディアはもうメディアじゃないですよ。

本当にお疲れさまでした。
来週もあるのなら、Twitterで再稼働反対とつぶやいてみようかと思います。
このデモの様子、NHKは放送しなかったようです
都内に何万人もの人が政府のやり方に反対したのに報道しないって、相当変ですよね〜
ゴミシラミ級のニュースを流して、このニュースを流さないという事実から、原発問題の根深さを感じます

ツイッター等でつぶやくのも、大事な運動かもしれません
出来ることを個人個人が行動で示す時期に入っている気がしました
  • ばんせい
  • 2012/06/26 1:35 AM
コメントする