ホールボディカウンターについて

ホールボディカウンターについて書きました。
原発、原子力に関してのいきなりの各論、
多くの方にとって、初めての内容かもしれません。
すみません。

ちょっときっかけがあったので、この際に言語化したいと思いまとめました。
なるべくわかりやすく書いたつもりですが…

よろしくお願いします。

+++++++++++++++++++++

僕の大学時代の後輩から、連絡をもらいました。
+++++
村上龍のメルマガで福島関係の医療について取り扱ってます。
これを見ると普通に流通しているものを食べている分には問題ないのかなと思いますし、誰がなぜそう判断したかなども、具体的に書かれているので、信用出来そうです。
多分。
万晴さんはすでにご存知かも知れませんがご参考まで。
+++++
見てみましたところ、南相馬市でホールボディカウンターという放射能の内部被曝を測定する計測器での計測結果から得られる推論でした。
これによると「内部被曝は少ない、そして減少傾向である。」という結論のようです。
これを聞くと、なんだか「どうも安全そうだ」という気になりますね
実際そうなんでしょうか?

この意見は、一つのケースとして検討するに十分値する問題ですので、ていねいに取り扱いたいと思います。

さて。
この問題、僕が引っかかるのが、
 ホールボディカウンター(略称WBC)での内部被曝測定、
 測定場所が南相馬市
ということ。

一つずつ見ていきます。
+++++++++++++++++++++
ホールボディカウンターについて
放射能の被曝を正確に測定するのは非常に困難なようですが、目安として方法がないわけではありません。
使われる方法は、
 糞尿等排泄物を検査する方法
 ホールボディカウンターいわゆる機械を使って測る方法
とがあります。
いろいろなものがあるようですが、一例としてのホールボディカウンターの映像

僕はホールボディカウンターでは内部被曝は正確には測れないと考えています。
僕がそう考える根拠。
これを読んでもらえばわかっていただけると思いますが、
僕の勉強のためにまとめてみました。

「ホールボディカウンターでは内部被曝は正確には測れない」を簡単に説明します。

放射線には3種類あります。α線とβ線とγ線と呼ばれています。

α線、β線、γ線の違いは透過力と電離作用能力の違いです。
透過力はものをすり抜ける力。
電離作用力は放射線が私たちの身体、細胞に当たると細胞を構成している原子の廻りの電子をはじき飛ばしてしまう力。
簡単にいうと遺伝子に影響を与える力のこと。
攻撃力と言っても良いかもしれません。

α線
透過力:超弱い! 空気中で数cm、水中で0.04mmしか進めない。
電離作用能力:強い! ガンマ線の20倍

β線
透過力:弱い 空気中では数mしか進めない
電離作用能力:弱い

γ線
透過力:強い 鉛の板や厚いコンクリートでないと防げない
電離作用能力:弱い

たとえ話なのですが、透過力を人に、電離作用能力を武器に例えるとすると
α線 機関銃を持った赤ん坊"
β線 拳銃を持った小学生
γ線 ナイフを持ったスーパーマン
と言われています。

さて
放射線に当たると人間は「被爆」します。
被曝の種類は2種類。
「内部被曝」と「外部被曝」があります。

外部被曝は、外からの放射線による被曝。
内部被曝は、体内に放射能を取り込むことによって起こる被曝。

イメージでいうと、外部被曝は炭を皮膚に当てて起こるダメージ。
内部被曝は炭を飲み込むことによって起こるダメージ。
どちらがダメージが大きいかは、明らかです。
内部被曝は、ダメージが大きいのです。

で、放射線の種類と被曝と、2つの視点をまとめます。
外部被曝の危険性は「γ線>β線>α線」の順。
内部被曝の危険性は「α線>β線>γ線」の順となります。

外からは透過性、飛んでくる距離の長いγ線が怖い。
逆に飛んでくる距離の短い、そして透過力の弱いα線は皮膚で止まるので怖くない。

しかし、体の内部に取り込むと話は逆転します。
γ線はもちろん怖いですが、α線も猛威を振るいます。
γ線はナイフで一突きして通り抜けるイメージ。
α線は近場の細胞にたいして銃乱射しつづけるというイメージ。
とにもかくにも大きなダメージを受けます。

さて。
ホールボディカウンターは、体内に入った放射性物質からでるγ線を捕捉する装置です。
透過力の弱いβ線、α線は体外までは放射線が出ませんので、測定できません。
最も体に影響のあるβ線とα線を測定できないのです。

また、ホールボディカウンターは、身長130センチ以下の子供の測定は、誤差が大きすぎて信用に値しないそうです。

ホールボディカウンターは急性被曝状態の大人、たとえば原発従事者が被曝してしまったときに測定するとか、そういう場合に有効な測定器。
大量被曝した直後の被曝状態を測るための道具であり、積算の内部被曝を測れる道具ではありません。
例えばヨウ素131で被爆していても、80日もたっていると測定値は1/1000以下。
甲状腺がんに影響を及ぼすと言われているヨウ素による致命的な被曝をどれだけしていても、あとになっては測れません。

次の問題。
南相馬という地区はプルトニウムが検出されたと公表された場所です。
+++++++++++++++++++++
南相馬市はα線を出すプルトニウムが検出された場所です。


以下の写真を見て下さい。
これは枝野官房長官が2011/4中旬に南相馬に入ったときの映像。
このマスクはすごい性能のマスクでNIOSH(米国労働安全衛生研究所)規格の最高ランクN100の濾過率(99.97%以上)のマスク。
さらに防護服を着て、目張りをしっかりして、アイマスクをして、というフルアーマー姿。

政府はすでに枝野官房長官が現地入りした際には、プルトニウムをはじめα線とβ線の放射能を出す放射能核種の拡散を知っていたものと思います。
そのため、完全防備フルアーマー姿での現地入り。
東電の勝俣会長にいたっては、一度も福島入りすらしていません。
どんなに微量であっても、内部被曝は避けたいもの。
放射線汚染の実態と内部被曝の危険性を熟知しているからだと考えてます。
+++++++++++++++++++++
さて、まとめてみます
 南相馬市ではα線、β線を出す放射能が拡散した
 ホールボディカウンターではα線、β線の内部被曝を測定できない
 α線、β線の内部被曝は遺伝子に対して強烈な危険度がある

僕がわからないのが、
 実際どれくらいのα線、β線核種が放出されたのか

本来であればα線、β線を出す放射性物質の調査をもっと大々的にやり、また公表すべきなのですが、日本の政府は汚染状況を全然公表しないので、闇の中。
文科省が測ったという、たかだか100キロ圏内62ヶ所程度の測定では、全く不十分だと思います。
素人には測るのがとても難しい放射線なので、市民レベルでは測定無理。
これが大々的に公表されたら、それこそパニックものの汚染かもしれません。
もちろん、それほど汚染がないかもしれない。
汚染がないなら、ばんばん測って公表すると思いますが…
なんにせよ国は口をつぐんでしまっています。

最後
こんな意見もあります
これは邪推でしょうか?

引用元
+++++++++++++++++++++
原発村の学者は、データがほしいのです。
栃木県や福島県の住民を検査したが、ほとんど内部被ばくはなかった。
したがって、今後がん患者が増えても、原発事故によるものではない〜こういう結論がほしいのです。
本当は、アルファ核種やベータ核種の内部被ばくを正確に測定できる機械で測定せず、しかも短時間にいい加減な測定をして、内部被ばくがなかったことにして導き出した、でたらめな結論であるにもかかわらず。

彼らは、ICRP(国際放射線防護委員会)の内部被ばくを考慮しない、外部被ばくだけの放射線障害の結論
〜チェルノブイリ原発事故では、原発職員が約50名急性放射線障害で死亡したが、住民への影響は、小児の甲状腺ガンがほんの少し増えただけであった!その他の病気が増えたのは、ストレスによるものである!
〜他の臓器のガンや奇形児の出産も大幅に増えており、完全なでたらめ!!
〜こんな結論を今だに信じて疑わない
〜疑いたくない連中です。

もう一度言いましょう! 
原発村の学者は、内部被ばくを十分に調べた、外部被ばくも測定したが、内部被ばくはほとんどなかったので、ガン患者が激増しても原発事故のせいではない。
原発事故の住民への影響はなかった〜という結論(もちろん!完全なデタラメ!)がほしいのです。

栃木県の放射線防護のアドバイザーも福島県の責任者も、これら原発村の学者グループであることから、いずれの県も住民が見殺しにされるか、モルモットにされることは明らかです。

結論として、ホールボディカウンター検査は受ける必要はない〜絶対に受けてはいけないということになります。

もし、あなたの子供がホールボディ検査を受けたとすると、おそらく内部被ばくはないと判定されるでしょう。
そして、数年後あるいは10数年後に原発事故の放射線の影響でガンを発症しても、それは原発事故のせいではないといわれるでしょう。
担当者は、きっとこう言うはずです。
「だって、ホールボディカウンター検査で内部被ばくがないと言われたんでしょう?だったら、お子さんがガンになったって、それは原発事故のせいではないですよ。日ごろの健康管理が悪かったんじゃないですか?」と。

2012年1月17日
もみの木医院長  川口 幸夫
+++++++++++++++++++++
いろいろな意見があって良い。
とにかく、皆で自分の意見を言いあって確認することが大切だと思います。

何度も言いますが、すぐに鵜呑みにしないこと。
命に関わることですので、多くの情報を自分で仕入れて、ご自分でご判断下さい。
僕は僕の考え、一つの視点を投げたいと思います。
2012.12.28 Friday  
原発 | comments(0) | -  

コメント
コメントする