干し柿

今年も柿が採れる時期になりました

僕らが住む東三河地方は柿の産地で、豊橋の北側から新城市は柿の木がいっぱいあります
今年は「柿のなり年(よく採れる年)」のようで、豊作のようです

近年は、この時期になると干し柿を作ります
干し柿は、本来は渋柿を使います
以下、ウェキペディア
+++++
干し柿に用いられる柿は、そのままでは食べられない渋柿であり、乾燥させることにより、渋柿の可溶性のタンニン(カキタンニン、シブオール)が不溶性に変わって(渋抜きがされて)渋味がなくなり、甘味が強く感じられるようになる(その甘さは砂糖の約1.5倍とも言われる)。
<省略>
甘柿は渋柿と違って渋抜きをせずに食べられるが、糖度そのものは渋柿のほうがはるかに高いため、甘柿を干し柿にしても渋柿ほどには甘くならない。
+++++
渋柿の方が甘くなるとのことですが、渋柿はなかなか手に入りません
そのため、僕らは甘柿で作っちゃいます
甘柿でも、十二分に甘くて美味しいですよ

以下手順

柿の皮を剥きます
IMG_5630.jpg
柿の品種は、この辺りによく植えられている次郎柿
ちょっと硬いかな、くらいの方がカビにくく、虫もたかりにくい
熟したものだと、カビたりハエがたかったりしやすくなります

紐で縛ります
IMG_5632.jpg
僕らは今回、友人の柿の木まで行って、直接収穫してきました!
紐で縛って吊るせるように、枝付きで収穫
この枝が付いているかいないかで干しやすさが全然違います

去年は産地直売で買ってきたので、枝の根元から切られ、紐がつけられません
仕方なく大根切り干し用の干網で干しました
網で干すと網に接している部分が網にくっついたり、風の抜けが悪いので乾燥しづらくカビやすくなったりします

干し柿は、吊るせるなら吊るすのが一番
網で干す場合は、スライスして短期間で干し上げてしまう方がいいかもしれません

両端に柿を縛って…
IMG_5631.jpg

竿にかけて干す!
IMG_5635.jpg
ガンガン干した方がカビや虫がつきにくいので、日が当たり風の抜けが良い場所でどんどん干します

渋柿で作ると干し途中のものは渋くて食べられませんが、甘柿だと剥きながら食べ、ちょっと干しては食べ、といつでも食べられます
なので、つい、つまんじゃいます(笑)

今日、干し柿第二弾を仕込みました!
全部で150個以上あるかな

上段にかかっているのが干し始めて1週間の柿
下段が剥きたて、干したての柿
全然大きさが違います
半分以下の大きさじゃないかな

つまみ食いしてみると、…
うまい!
いや、本当に美味しいな〜

日本に昔からあるドライフルーツ、干し柿
干し柿とくるみのカンパーニュ… 美味しそう!

干し柿、皆さんも是非やってみてください
2015.10.28 Wednesday  
レシピ | comments(0) | -  

コメント
コメントする