めぐりや

農園の名前は廻屋-めぐりや-にしました

全ての生命はめぐりめぐっている…

とかいう意味を込めたくて、つけた感じがしますが
実はそうではありません
僕の母の旧姓が廻谷(めぐりや)でした

母は一人娘でした
僕の祖父(母の父)と父の間で、結婚する前に約束をしたらしいです
子供が生まれたら、一人は廻谷姓にする、と…

その約束が実行されるとなると、次男である僕ということになります
もし、そうなっていたとしたら、僕の名前は
廻谷 万晴(めぐりや ばんせい)
ということになります
もう、ここまでくると、カタギの名前ではありません
オカルトの匂いすらただよいます

僕はおじいちゃん子でした
毎日毎日、祖父の部屋に入り浸り
僕も祖父が好きでしたし、祖父も僕をかわいがってくれました
祖父は学校の先生をずっとしていた人で、教育のプロでした
読み書きそろばんをていねいに教えてくれました
土台を、祖父に作ってもらいました

母が亡くなったとき、ふと祖父と父の婚前の約束を思い出し
廻谷に改名しようかと本気で考えました
兄弟にも相談して、了承を得たぐらい真剣でした…
しかし、いつのまにか想いも薄まっていき、何も行動しないで
月日が過ぎていました

農園の名前を妻と考えていたとき、ふと妻が
「めぐりや」にしてはどうかと言い出しました
僕の何かがとても喜んでいるように感じられ、
心の奥から暖かく感じました
そして、同時に、ほっとしました
一仕事終えたような感覚がしました

廻谷は廻屋となって、再び生まれました

どうぞごひいきにして下さい
2009.03.15 Sunday  
めぐりや | comments(1) | trackbacks(0)  

コメント
地域自給プロジェクトの環境学集会の日程について11月6日、13日、20日の3日のうち講師の都合に合わせていきたいと思いますが、不都合な日がありましたら連絡ください。
永田雅信
  • 永田雅信
  • 2010/07/23 8:47 AM
コメントする