冬のMEGURIYA感謝祭

1月の終わりの日曜日と火曜日、MEGURIYA感謝祭を開催しました

 

MEGURIYA感謝祭は年2回、春と秋に行っています

通ってくださっている生徒さん達への感謝の思いを込めて、お料理を用意する日

 

今回は参加予定の方がたくさんいらっしゃったのですが…

直前になって、体調不良でバタバタとキャンセルが入りました

最終的には、8人ぐらい減ったんじゃないかな

風邪、インフルエンザ、流行ってます😱

 

というわけで日曜日が25人、火曜日が23人のご参加でした

 

+++

 

由希子の今回のお料理のテーマは「MODOKI」だったそうです

 アマランサスでタラコっぽさを出したり…

 豆腐とアオサノリと茸でカキっぽさを出したり…

 

今までためてきたMODOKI食を、一挙公開😆

餃子あり、グラタンあり、パスタあり、中華あんかけ麺あり…

なんだか大ご馳走となりました

 

以下、ご紹介〜

 

グリーンサラダ 人参ドレッシング

 

小松菜 金柑おろし和え

 

ピンクのポテトサラダ

 

まるでカキフライ

 

高きびボールと白菜の煮物

 

ジャンボ蒸し餃子

 

お寿司 futomaki

 

たまごサンド with ぱん工房Honami

 

ラザニア風グラタン

 

アマランサスのパスタ

 

高菜あんかけ麺

 

おでん 大根、こんにゃく、結び昆布、ごぼう天

 

お漬物たち ザワークラウト、白菜漬け、大根のべったら漬け

 

デザート ティラミス&苺のゼリー

 

+++

 

実は、土曜日から日曜日にかけて僕が不在でして…

(東京でバッチフラワーレメディの講習会に参加してました)

 

日曜日の感謝祭のために、由希子が土曜日から一人で準備することに…

それはそれは大変だったようでして…

 

日曜日、お手伝いしてくださる方々が朝来たとき、ちょっと泣いたそうです

 

そして、無事にお料理が完成したときも泣いたそうです😭

 

なんだか大変な感謝祭となりましたが😅、無事に終えることできました

お手伝いがなかったら、ホント無理でした

お手伝いしてくださった方々、本当にありがとうございました

 

そして、通ってくださる生徒さん達

いつも時間と労力をかけて通ってくださってありがとうございます!

 

感謝の想いは言葉に尽くせませんが…

何かしらで少しでもお役に立つことで、感謝の想いをお返しできたらと願っています

 

 

+++

 

今回もアンケートをいただきました

栄えある第一位は

「まるでカキフライ」

 

一番MODOKI食っぽい料理が選ばれて…

なんだか嬉しいです😆

 

1,まるでカキフライ

2,たまごサンド with ぱん工房Honami

2,ラザニア風グラタン

4,高きびボールと白菜の煮物

5,アマランサスのパスタ

6,ティラミス

7,おでん

7,苺のゼリー

2019.02.02 Saturday  
イベント | comments(0) | -  

映画「THE・READINGS~リーディング~」上映会

エドガー・ケイシーを描いた映画「リーディング」の上映会を行います。

 

この映画、今年の6月に豊橋で自主上映会がありまして。

エドガー・ケイシーには元々興味があり、都合もついたので観に行ったのですが…

感想は

「うん、面白い😄

 これは皆さんとシェアしたい!」

ということで、上映会🎥を企画いたしました。

 

+++

 

エドガー・ケイシーは今から100年ほど前の人(1877年〜1945年)です。

催眠状態に入ると、さまざまな叡智を下ろすことができる人でした。

 

サイキック能力のある人は、世界中には結構います。

チャネリング、リーディング、霊能力…

目に見えないものが見え、聞こえないものが聞こえ、知り得ないことを知る人達。

 

サイキック能力のある人はたくさんいるのですが…

その中でもケイシーは20世紀最大のチャネラーと呼ばれ、突出しているんですね。

 

なぜか、というと…

ケイシーの最大の特徴は「人格の高さ」。

ケイシーは幼少期から「人の役に立ちたい」と強く願う、敬虔なクリスチャンでした。

日の出とともに聖書を読むのを日課とし、年に一回は通読を欠かせなかったそうです。

謙虚さ、奉仕精神、忍耐力等を兼ね備えた、人として極めて高潔で慈愛のある人でした。

 

サイキック能力の質の高さは、人格に比例します。

これは別にサイキックに限ったことではありません。

どんな仕事でもいえますよね。

人格高き人が行う仕事は、質の高いものになると思っています。

 

そして「催眠状態でリーディングをする」という点。

智慧を下ろす際に、ケイシー自身の自意識を通らないのでエゴイズムが加わりません。

とても純度の高い情報をもたらすことができました。

 

そして「リーディングの数が多い」こと。

ケイシーは依頼されると断らない性格だったようです。

ケイシーの晩年は、評判によってものすごい量の依頼が殺到。

依頼に応え続けて疲れ切ったケイシー…

それでもリーディングを続け、とうとう自分が病に倒れ67歳でこの世を去ります。

46歳から記録を始めたリーディング、その数14000件以上。

膨大な量の智慧を残しました。

ケイシーのリーディングはどれも一貫性があり、矛盾なく、整合性の取れるものだそうです。

 

ケイシーのリーディングは「情報の正確性と高潔さ、慈愛」に満ちています。

100年も前のものですが…

今もって比類なき価値を放つケイシーのリーディング。

 

ケイシーのリーディングでは、病気の治し方などの医療アドバイスが一番多いですが…

「人は何のために生きるのか?」

この究極の問いにも、ケイシーは答えます。

映画を見に来て、感じてみてくださいね。

心の奥で、何か触れるものがきっとあると思います。

 

2019年2月17日(日曜日)

同日で3回行いますので、お時間合うときいらしてください。

お目にかかるのを楽しみにしております!

 

【THE READINGS~リーディング~】

人は何のために生きるのか?

エドガーケイシーが残した、人類の道筋。

白鳥哲監督作品

http://officetetsushiratori.com/readings/index.html

 

◆日時:2019年2月17日(日)
1回目 10:30~12:30(開場10:00) 会場:豊橋文化会館

2回目 13:30~15:30(開場13:00) 会場:豊橋文化会館

3回目 19:00~21:00(開場18:30) 会場: VEGECAFE LOTUS

↑3回目は満席となりました

 

◆会場

1&2回目 豊橋市民文化会館 リハーサル室

豊橋市向山大池町20-1

https://goo.gl/maps/XU9PwunpTFw

 

3回目 VEGECAFE LOTUS

豊橋市西岩田6-16-12

https://goo.gl/maps/DvDhdGwGShA2

 

◆参加費
前売:1,800円(2/16まで)

当日:2,000円(2/17から)

※上映日前日までに申込みしていただきますと、前売価格にてご入場いただけます。
 

◆前売の申込み

こちらから→  https://form.run/@reading-meguriya/

事前入金やチケット発券等は行いません。

上映会当日のご来場時に、受付にてお名前をお伝えください。
 

◆問合わせ

【organic & macrobiotique MEGURIYA

〒441-3503 愛知県田原市若見町権亟地80

TEL&FAX:0531-45-3069  kbansei@kha.biglobe.ne.jp

 

<Story>


ホリスティック医学(全体的医療)の原点といわれるエドガー・ケイシーは、催眠状態に入ると相手がどこにいても、その肉体を透視し、病気の原因やその治療法を的確にリーディングする(述べる)ことができた。

 

彼がリーディング中に語るその知識は医学のみならず、たとえ宇宙についての質問でも答えることが出来たと言う。

いったいこの驚くべき才能はどの様に生まれ、培われたのか。

神はなぜこの不思議な能力をケイシーに託したのか?!

 

現代人の抱える病をモチーフにし、日本エドガー・ケイシーセンター会長の光田秀氏らとともに、ケイシーの半生と彼が遺したリーディングの謎に迫っていく。

(©OFFICE TETSU SHIRATORI HPより抜粋)

 

予告編

 

<エドガー・ケイシーについて>

エドガー・ケイシー(Edgar Cayce: 1877年〜1945年)とはどのような人物であったかと問われるなら、それは誰の目を通して答えるかによって、描かれる人物像はかなり異なったものになることでしょう。
家族の者にとって、ケイシーは誠実な夫、優れた父親でありました。

また近隣の人々にとっては、日曜学校で聖書を教える熱心なクリスチャンであったでしょう。
彼の仕事ぶりを知っている人々は、彼を腕の良い写真家として描くかも知れません。
しかし、現代に生きる私たちにとっては、彼は傑出した霊能力者として描かれることがもっともふさわしいといえます。

 

彼のことを一躍世の中に知らしめた伝記『永遠のエドガー・ケイシー』(邦訳たま出版)によれば、エドガー・ケイシーは幼少期から類い希な霊能力に恵まれていました。
その彼が24才の時、治る見込みがないと宣告された彼自身の病気を、驚くべき透視能力によって治癒せしめたのです。
彼は、ひとたび催眠状態に入ると、肉体を透視し、病気の原因やその治療法を述べることができたのです。
依頼者がどこにいようと、名前と住所さえ与えられれば、彼らを診断し治療法を与えることができたのです。
ケイシーのこの能力は後に「リーディング」と呼ばれるようになりました。

 

24才から46才までの22年間、ケイシーはこの透視能力をもっぱら病人の治療に役立てました
彼のもとにはさまざまな病気に苦しむ人々が訪れるようになり、ケイシーは彼らのために催眠状態に入り、彼らの病気の原因とその治療法を教え続けました。
彼の診断を仰いだ多くの人が、当時の医学において不治あるいは難病とされていたにもかかわらず、ケイシーはそれらの疾病の真の原因を明らかにし、治癒させるに必要なさまざまな方法をアドバイスしました。
そして、ケイシーのアドバイスに正しく従った人々は、例外なく、治癒していったのです。
ケイシーが義務教育しか終了しておらず、しかも、一面識もない人達の病状を直接会うこともなく正確に診断し、有効な治療法を与えることができたというこの事実だけをもってしても、これは今日の人間観・世界観の根幹を揺るがすものであるといえます。
彼はこの能力を「神からの賜物」として受け入れ、20年以上にわたり、無報酬で病気の人々を助けました。

 

それまで病気の治療にのみ透視能力を役立てていたケイシーでしたが、46才になると、その透視能力はあらゆる分野に向けられるようになり、科学者はそれぞれの専門分野に関するアドバイスを得、政治家は政策に関するアドバイスを、芸術家はインスピレーションを与えられました。
とりわけ、ケイシーは人間の本性が永遠不滅の霊的存在であり、魂の成長のために肉体に何度も生まれ変わることを明らかにしました。そして67才で亡くなるまでの間に記録に残るものだけでも14000件以上の催眠透視を行いました。

 

ケイシーが亡くなって既に半世紀以上経ちますが、彼の残した情報がきわめて高い実践性と普遍性を備えているために、今日においても、私たちはそこから有益な情報を得ることができます。
彼の病気治療に関する原理は『ケイシー療法』という名前で親しまれるほど、しっかりと体系づけられ、今日もなお多くの病人を癒やし続けています。
また、ケイシーは生まれ変わりの具体的な姿を明らかにし、私たちの人生がどれほど神秘と高貴さに溢れているかを証ししています。
(©日本エドガー・ケイシーセンター HPより抜粋)

 

エドガー・ケイシーについての詳しい情報は…

日本エドガー・ケイシーセンターをご参照ください

エドガー・ケイシーとは https://edgarcayce.jp/?ec01

リーディングとは https://edgarcayce.jp/?ar01

エドガー・ケイシー療法とは https://edgarcayce.jp/?frc01

2019.02.01 Friday  
イベント | comments(0) | -  

カルマキッチン Honamiぱん&かぁやん商店&MEGURIYA

12/22に開催しました「カルマキッチン」🎉

 

初の試みでしたが…

たくさんの方がきてくれました

大人23人 子供18人 スタッフ4人

関わった人数、全部で45人😳

 

+++

 

Honamiぱんの穂浪さんがものっすごい量のパンを焼いてきてくれたので…

まさに、パン食べ放題❗

みんなして「一度にこんなに食べたことない」ってぐらい食べました😆

 

かぁやん商店の千恵さんはホットサンドを焼いてくれました〜

蓮根やお揚げが入ったホットサンド

皆さん、こんな具の組み合わせ初体験

美味しいと大好評でした〜

 

由希子はサラダ&スープ

朝からせっせと作ってましたよ〜

 

あと…

tsunagu cafeさんから豆乳チャイのギフトが!

これまた大人気😊

ゆかりさん、ありがとう〜✋

 

+++

 

カルマキッチンはギフト循環の体験の場

ギフトをする→ギフトを受け取る→ギフトをする→ギフトを受け取る…

 

終始柔らかな、ほんわかした雰囲気でのイベントでした

あんまり体験したことない空気感

カルマキッチン、楽しいです👍

 

今回、参加された方々から「ギフト=お金」をいただきました

かなりの額が入っておりまして、びっくりです😲

お気持ち、ありがとうございました🙏

 

また、次のカルマキッチンorギフトエコノミーイベントに使わせていただきます〜

今回来られなかった方、次回はぜひ

お楽しみ〜

 

<参加者からいただいた感想>

2018.12.23 Sunday  
イベント | comments(0) | -  

お味噌づくりワークショップ

毎年恒例となりました「味噌作りクラス」
この冬も開催いたします

 

手前味噌を作ってみたい方にはお勧め講座です
味噌の仕込みを実習しながら、コツ・ポイント等の講義も行います

 

自分で仕込む味噌は、なんだか幸せになります
ぜひ皆様も、お家でやってみて下さい

 

+++++

 

誰にでもできる手前味噌づくり。
仕込んでから10ヶ月の熟成をへて、美味しいお味噌になります。
味噌作りのポイントを中心に、知識も講義します。

日 時:2019/1/19(土)15:00〜17:00

 

参加費:4,000円(材料費など含む)

 

材 料:

農薬と化学肥料不使用の大豆

農薬と化学肥料不使用の麦こうじ

自然海塩

出来上がりは麦味噌2キロ程度になります

 

講 師:加藤由希子

場 所:MEGURIYA 田原市若見町権亟地80番地

申込先:0531-45-3069 または kbansei@kha.biglobe.ne.jp

申込み締切:2019/1/14まで

※材料の調達や、豆を煮たり等の準備がありますので、お申し込み希望の方は早めにご連絡いただけると助かります

2018.12.14 Friday  
イベント | comments(0) | -  

MEGURIYA 望年会&X'mas会

毎年の恒例となりました忘年会

 

忘年会って呼び方、後ろ向きな感じがしないでもないので…

望年会にしてみました

 

今年は日程の関係上、クリスマスイブに開催🎄😁

祝日でもありますので、来やすい方と来にくい方と分かれるかなぁと思っています

 

11時頃からのんびりとやっております

お時間合うときにでもふらっと来てくだされば嬉しいです🎉

 

お待ちしております✋

日程  2018/12/24(月祝)

時間  11時頃から夜中の0時頃まで

参加費 無料

 

ポットラック(一品持ち寄り)の会です

(お酒を飲む方は持参してください)

 

場所:MEGURIYA

電話:0531-45-3069

メール:kbansei@kha.biglobe.ne.jp

2018.12.14 Friday  
イベント | comments(0) | -  

榎本合歓器展&MEGURIYA cafe 終わりました〜

榎本合歓さんの器展&MEGURIYA cafe

 

合歓さんの器展はいつもは3日間ですが、今回は2日間の開催

そのためかな、二日間とも多くの方がいらっしゃいました

 

今回は、合歓さんが事故渋滞に巻き込まれフェリーに乗り遅れる、というアクシデントが発生😱

1時間半遅れでの会場入りとなり、それはそれはてんてこ舞いな幕開け💦

 

車から器を運び、箱からだし、並べる…

来てくださったお客さんとともに、みんなで準備しました

結果的に、面白かったな〜😆

 

リピーターの方も多く、合歓さんの器コレクターが増えてきました

うちの器も合歓さんでいっぱい

食器って「食卓の喜び」にお大いに関係があります

毎日使うものだからね

 

今回うちに来た新たな器は、大皿、小皿、花瓶たち

料理教室で使いますので、お楽しみに〜

 

+++

 

お料理は、今回のテーマは

「Rock’n Macrobiotics」

ボヘミアンラプソディを観てね

由希子が弾けたくなったようですよ😆

 

・さつまいもと塩昆布でよろこんぶごはん

・かぶのポタージュ

・高きびのダンプリン withビーツソース&グリーンソース

・大根とこんにゃくの人参チリソース

・季節野菜とノリノリサラダ♪

・分搗き米のおかゆパン

 

スイーツは

・いちごのショートケーキ

 

・濃厚ガトーショコラ

 

・さつまいもプリン+紅玉のりんごソース添え

 

二日間でランチ57食

スイーツ60個

たくさんの方に食べていただいて幸せ

食材を提供してくれた農家さん、手伝ってくれた瞳さん、食べに来てくださったお客さん、その他関わってくださった皆さん

ありがとうございました🎉

 

最後に3人で…

ロックンロール❣

2018.12.09 Sunday  
イベント | comments(0) | -  

カルマキッチン ぱん工房Honami × MEGURIYA

12/22に ぱん工房Honami さんとコラボでイベント行います

 

 

Honamiさんのパンを中心に、MEGURIYAでもサラダやパンのお供をご用意

気楽なカフェを行います!

お時間作ってぜひ遊びに来てください〜😄

 

ってイベントなんですが…

このイベント、ちょっと新たな試みをしてみようか!

ということで…「カルマキッチン」にしてみたいと思います

 

カルマキッチン?

何それ? ですよね

 

+++

 

カルマキッチンって?
「これからあなたが食べる食事は、誰かからのギフトです」
このキッチンでのサービスは、支払いが既に済んでいます。
食事代を支払う義務はありません。
食事代はあなたの前に来店した人が、ギフトとして支払ってくれました。

 

「あなたも誰かのために、ギフトすることができます」
次の人にも同じ体験をしてほしいという想いとともに、ギフトとしての代金を置いていくことができます。

恩送り(ペイフォワード)といいます。

 

カルマキッチンは働く人の時間も、空間も、お食事も、全てあなたへの純粋な贈り物。

カルマキッチンは「ギフトの循環」の体験の場。

 

+++

 

通常であればお店に入ると…

サービスや商品を受け取り、対価を払います

ギブアンドテイク の関係です

 

それに対してカルマキッチンは…

自分が受け取るサービスは、誰かからのギフト

ただ受け取るだけでよく、支払は義務ではありません

 

もし自分も誰かにギフトをしたくなったのであれば…

ギフトとしての代金を置いていくことができます

ギブアンドギブ の関係です

 

この試み、2007年アメリカで始まりました

今では世界中に広がっているそうです

 

僕はこのコンセプトをソーヤー海さんから知りました

彼の提唱する「ギフトエコロジー」

白鳥監督「地球蘇生プロジェクト」の短編映画です

海さんが「与え合いの関係」についてわかりやすく説いています

15分弱ですので、お時間あるとき見てください〜

 

+++

 

ぱん工房Honami と MEGURIYA のコラボ企画。

コンセプトは普段慣れ親しんだものではないので、とっつきにくいかもですが…

いたって気楽なイベントです

 

Honamiさんも僕らも、気負うことなく気楽に、楽しんで、ギフトさせていただきます

ぜひ受け取りに来て、楽しんでください〜


何か自分もギフトしたい、という方は…

パンのお供、とか食事の提供も大歓迎です

また、裏方手伝いなどボランティアスタッフとしても参加できます

 

きっと、ほっこりする、気持ちのいい日になるんじゃないかな🤗

お待ちしてます🙌

 

日時:2018/12/22(土)11:00〜16:00
場所:MEGURIYA 田原市若見町権亟地80番地
予約先:0531-45-3069 kbansei@kha.biglobe.ne.jp
※準備がありますので、ご予約いただけると助かります

2018.11.20 Tuesday  
イベント | comments(0) | -  

ガーデンマルシェのミーティング

2018年4月1日にやりましたガーデンマルシェ

たくさんの人に来ていただいて、大いに盛り上がったのですが!

来年も開催です🎉(3月31日予定)

 

ガーデンマルシェはちょっと大きなイベントなので、準備をぼつぼつ始めないと…

ってことで、第一回目のミーティング

いよいよ始まりました〜🏃‍♂

 

今日はgardenさんで持ち寄り会

gardenの結さん

パン工房honamiの穂浪さん

かぁやん商店の伊藤夫妻

MEGURIYAの加藤夫妻

みんなで持ち寄りました〜

美味しそうでしょ

 

僕は張り切ってアップルポテトパイを作ってみました

砂糖完全不使用、甘みはリンゴとサツマイモ、そしてリンゴジュースのみです

自分で言っちゃうけど、美味しいんだなぁ

この時期のお楽しみ

 

+++

 

今日は今後の流れを確認しつつ、軽い打ち合わせって感じでした

あとはずっとよもやま話

 

気づいてみると、10年前は今の仕事に誰もついてませんでした

みんなそれぞれのタイミングで、想うところあって、この世界に飛び込んで来た人たち

縁あって、出会って、仲間となって、一緒にイベントをします

 

ミーティングの最中、だいたいはたわいない話してるんですけどね笑

気があうんでしょうね

なんか、えらい楽しかった😆

 

ガーデンマルシェ

2019年3月31日

場所は二川駒屋さん(多分)

 

来年もいいイベントになりますよ

お楽しみに〜!

2018.10.17 Wednesday  
イベント | comments(0) | -  

〜大人の遠足〜Bioterrace ORGANiCA HAKONE

箱根の山が色付く季節
リトリートツアーを企画しました

 

箱根にある小さなリトリートホテル「オルガニカ」への大人の遠足

 

みなさん忙しい毎日かと思いますが…

ひとまず背負ったものを置いて…

 

心身ともに身軽になって、
気持ちいい自然の中で、
掛け流し温泉、
マクロビフレンチのディナー&モーニング、
なんとリマ講師岡田先生のレッスン付き!
ヘルシー+美味しい食事、そして、楽しい宴会

 

ちょっと贅沢で、特別な一泊二日。
でも格安(だと思う)

 

一歩踏み出してみると、きっと良いことありますよ
ピンときた方、ぜひご参加ください。

 

日時:2018年11月4日〜5日(日〜月)現地集合・現地解散
集合:4日15:00 解散:5日10:00
料金 19,000円(二食付き宿泊費、入湯税、岡田先生のレッスン、税込)
申込み tel 0531-45-3069 / mail kbansei@kha.biglobe.ne.jp(MEGURIYA)

 

BIO TERRACE ORGANICA HAKONE


箱根のパワースポットとして有名な大涌谷からほど近い8室の静かで上質なリトリートホテル。

客室からは箱根連山が一望。

晴れた日には相模湾まで見渡せます。


<温泉>
温泉は、大涌谷より引湯する乳白色の仙石原温泉。

肌あたりがとてもやわらかく、美肌の湯としても知られます。

浴室には、厳選した国産のオーガニックブランドのスキンケアヘアケア製品をご用意。


<客室>
全7室(洋室が4室、和室が3室)すべての客室には、明星岳と相模湾を正面に臨むバルコニー付きです。
お部屋のリネンや、アメニティでお渡しする石鹸は、すべてトレーサブルなオーガニック製品。
お部屋の建材や内装材も可能な限り自然素材を使用しています。


<食事>
食事は、玄米・穀物・野菜を中心に、旬の食物をバランスよく組み合わせた食事を摂ることで、健康に生きようとする生活術「マクロビオティック」の考え方を取り入れたフレンチキュイジーヌ。
メニュー監修はマクロビ界の巨匠といわれる元キュイジーヌ・エ・サンテリマの岡田英貞シェフ。
地元箱根の食材、とくに地元の有機野菜をふんだんに使用しています。


Bioterrace ORGANiCA HAKONE
神奈川県足柄下郡箱根町強羅1322-36

 

岡田英貞シェフ

リマ・クッキングスクール師範科副主任講師
大学卒業後、商社に勤務するも自然食について強い関心を持ったことから退職し、料理人の道を目指す。
2005年東京・代官山「メルロ・パノニカ」開店。
2014年東京・目黒「キュイジーヌ・エ・サンテ リマ」元料理長。
書籍:「Dish to Dish」

紹介記事はこちら

2018.10.08 Monday  
イベント | comments(0) | -  

うさと展&MEGURIYA cafe

2018年7月27日〜29日の3日間、MEGURIYAにて「うさとの服」の展示販売が開催されます。

 

日程:2018年7月27日(金)〜29日(日)

時間:11:00〜17:00(最終日15:00まで)

MEGURIYAcaféも同時開催

※ランチご希望の方は、ご予約くださると確実です

 

場所:MEGURIYA 田原市若見町権亟地80

 

問い合わせ:Tel&Fax 0531-45-3069 kbansei@kha.biglobe.ne.jp

 

+++++

 

うさとの布はタイやラオスの農村で織られています。

布を織る村の女性たちには、生産ノルマも納期もありません。

 

織り手には布のデザインから、

縫い手には一着を

最初から最後まで担当してもらいます。

 

布は一反一反どれも違うし、

誰が縫うかによってできあがるものは違います。

 

暮らしの中で育まれた布。
その布と寄り添う衣服との暮らし。

うさとのものづくりは

ひとりひとりの暮らしとともにあります。

 

+++++

うさとの服は「作る人も、売る人も、着る人も、そして自然も…

みんなが豊かで幸せになるように」という思いが込められています。

 

食べ物にオーガニックがあるように、服にもオーガニックがある。
天然素材、手紡ぎ、手染め、手織り…
うさとの服は、天然素材をハンドメイドした究極のオーガニック。
自然エネルギーに満ち溢れた、いのちのかたまりのような服。

 

「うさとの服をご紹介したい」とずっと願っていました。

念願叶って展示販売会を開催したのが2016年の7月。

今回で5回目の開催となります。

(うさと創業期からうさとの服を販売されているコーディネーター(space delphi 後藤由美子さん)がいらっしゃいます。いろいろと質問&相談できます。)

 

この機会に、ぜひ、体験してみてください。

 

(イギリスシューマッハーカレッジでのうさとファッションショー)

 

【うさとについて】


うさとの服はタイ・チェンマイを拠点に製作。
服に使用している布はタイ東北部、北タイ、ラオスの農村で村の女性たちを中心に織られています。

布の素材は、綿(cotton)大麻(hemp)絹(silk)の三種類でそのほとんどは手紡ぎ、天然染め、手織りされています。
(一部機械織りの布も使用しています)

洋服は女性用が中心に、男性用や男女兼用の他、子供服、作務衣、楽衣と呼ばれる部屋着などがあります。

価格帯はTopsが8,000円から20,000円、Bottomsは10000円から20000円位、ワンピースやコートは20,000円前後です。

 

うさとの服 製作風景 染めと織り編
https://youtu.be/F1njL-MFhgI
うさとの服 製作風景 デザイン編
https://youtu.be/DeV72ZZsQSQ
↑うさとのデザイナー「さとう うさぶろう」さんによる紹介動画
とても興味深い内容です

ぜひご覧ください

2018.07.13 Friday  
イベント | comments(0) | -  

<< | 2/5PAGES | >>